睾丸は低温を好む

仕事の疲れをいやすためにゆっくり湯船につかって汗を流す。または健康のためにサウナに入るという男性も多いのではないでしょうか。

 

長風呂やサウナが本当に健康に良いかという問題はひとまず置いても、少なくとも精子には明らかに悪影響です。

 

そもそも睾丸が体外に露出している理由をご存知でしょうか。基本的に大切な器官は体内かつ脳や心臓のように骨によって外傷を受けにくいところにあるのが普通です。

 

実際女性の卵巣は体内にありますが、男性の精巣はなぜか体外にあります。その理由は睾丸は体温よりも低い31〜34度でないと正常に活動ができないからです。

 

睾丸の温度が高いときは皮が伸びて身体から離れて放熱し、睾丸の温度が低いときは皮が縮んで身体に密接し温度を上昇させるのです。

睾丸を温める習慣

このように睾丸を温めることはよくありません。どの代表例が長風呂やサウナなのです。その他にも太ももの上にパソコンを置いて作業すると排熱によって睾丸がダメージを受けます。

 

また長時間の車の運転も良くないと言われています。ここまで気にするかは人それぞれですが、ブリーフやボクサーパンツなども睾丸が体に常に密着してしまうためあまりよくないとも言われていますね。

 

もしこのような習慣がある人は頻度を落とすなどした方が、少なくとも精子にとっては健康的と言えます。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ