男性力の源

テストステロンは男性ホルモンの一種で、精子の生成や勃起力、性欲など精力全般に関わることはイメージしやすいですが、実は筋肉や精神面にも大きな影響を与えることがわかっています。

 

まず精力面で言えば10〜15歳の間でほとんどの男児が精通を経験しますが、これはテストステロンがその時期に活性化するためで、陰毛が生えるのもテストステロンが関係しています。

 

このことから勃起、精子の生成、性欲がテストステロンとの関係が深いことはイメージがしやすいですね。

身体と心

ですがそれとは別に筋肉の発達のしやすさもテストステロンが大きく関わっており、男性が女性よりも筋肉質なのはホルモンが関係していたのです。

 

その他にも体毛の濃さも男性ホルモンとある程度相関しており、男性らしい身体つきを生み出しているものテストステロンなんですね。

 

さらに精神的な面にも大きな影響を及ぼしています。例えば女性に比べて男性の方が、攻撃的で、勝負事が好きで、孤独思考が強いのもテストステロンの影響。

 

一方で女性に比べて共感思考が低いために、暴力以外の犯罪に関しても男性の方が犯罪率が高いのが一般的です。

 

ただ良い面ももちろんあり、例えばライバルとしのぎを削る経営者などにはテストステロンは非常に大切な要素で、実際に一般男性よりも経営者の方がテストステロン値が多いことがわかっています。

 

つまりテストステロンが多いと精力アップはおろか、男らしい肉体とバリバリと仕事をこなす活力が手に入るというわけです。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ