更年期障害とは

更年期障害とは50歳前後の女性によくみられる障害で、簡単に言えば性ホルモンが急激に下がることで身体と心のバランスが崩れてしまうことを言います。

 

なぜ50歳前後かというと、女性の場合は50歳前後で閉経を迎えるためその前後に女性ホルモンが急激に低下してしまうからですね。

 

代表的な症状は、ほてりや発汗、イライラや抑うつ状態等で心身ともに影響を受けるのが特徴です。

 

このような更年期障害は閉経がある女性にのみ発症すると考えられてきましたが、最近では男性でも更年期障害を発症することが知られてきました。

LOH症候群

男性更年期障害をLOH症候群とも呼んだりしますが原理は同じで、男性ホルモンの低下によって心身のバランスが崩れることを指します。

 

そのため症状は似ていますが、男性特有の症状は精力の低下ですね。勃起不全であったり、精子の量が少なくなったり、性欲がほとんどなくなってしまうなどです。

 

男性更年期障害の厄介な所は自分ではなかなか気づきにくいところで、何となく不安になったり、ほてりや発汗があるにもかかわらずその原因がわからないままというケースが多いのです。

 

これらの症状は更年期障害以外の原因でなることがありますが、一方で勃起力や精子の量の低下などは明らかな男性ホルモンの低下とわかるため一つの指標として役立ちます。

 

男性は女性と違って閉経がないため特に50歳前後というわけではなく、30代から60代の方まで幅広くみられる傾向があります。

 

予防法としては運動をする習慣をつけることで、筋肉を使えば使う程男性ホルモンを活性化することができます。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ