精液の平均的な量とは

自分の精液が多いか少ないかを判断するためには、一般男性の精液の平均的な量を知っておかなければなりませんがなかなか信用に足るデータがなく難しいところ。

 

一応Wikipediaでは平均3.5mlとなっており、WHO(世界保健機関)では1.5ml以上であれば問題ないとされています。

 

といっても数字で言ってもわかりにくいので、小さじ1杯5ml、ペットボトルのキャップも1杯約5mlとイメージすればつかめるでしょうか。

 

なのでペットボトルキャップを満タンにできれば精液が多いと言え、半分程度しかなければ問題はないが平均よりは少ないと言えるでしょう。

コンディションによる

とはいえ皆さんもご存知の通り、3日間ほどオナ禁した時の射精量と連日の射精時の量は全く違います。もし精液の量をちゃんと計るなら3日溜めてから正解。

 

病院で行う正式な精液検査でも基本的には3日以上の禁欲を必要とします。

 

またその時の体調や興奮度によっても射精量はかなり異なりますから、3回程度計測した平均があなたの精液の量ということになります。

 

とはいえこれはあくまで精液の量であり、精子そのものものの量ではありません。もし精子の量を知りたい場合は病院で精液検査を行いましょう。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ