精液検査でわかること

精子の量は妊娠率に大きく影響しますが、精子の運動率も同様に非常に重要な要素です。射精時の精液の量が多いからと言って精子が多いとは限りませんから、不妊が疑われる場合は精液検査を受けることをおすすめします。

 

精液検査でわかることは「精子の量」「精子の濃度」「運動率」「正常形態率」「生存率」などで、どれも妊娠率に大きく影響する項目です。

 

それぞれ基準値があり、その基準に達していなければ問題ありとなります。ただわずかに基準を下回ったからと言って妊娠できないということはありません

検査方法

精液の採取は病院にある専用の個室で行います。個室にはアダルトビデオなどが用意されておりプライベートが保たれています。

 

注意点があるとすれば採取日までに3〜7日の禁欲をしなければいけない点です。精子は3日で満タンになるため、満タン状態でないと正常な量を計測できません。

 

また禁欲が長く続くと精子が古くなって運動率が下がる等の悪影響があるため、こちらも正常な計測ができなくなってしまうのです。

検査の費用

基本的な検査であれば保険が適用されるため1回1000円程度で済みますが、その日の体調等で精液の状態がかなり変化す津溜め複数回行うのが一般的です。

 

また保険適用外の検査の場合は数万円かかる場合もありますので、予約の際に保険が適用されるかを聞いておいた方がいいでしょう。

 

検査というと少し抵抗があるかもしれませんが、費用も数千円と高くはないので気になる方は是非一度調べてみることをおすすめします。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ