マッチョは精力が強いというのは本当

なんとなくイメージとしてマッチョな人は精力も強そうですよね?ただこれはイメージではなく本当だと言ったら驚くでしょうか。マッチョと精力を結びつけるのは、テストステロンという男性ホルモンが関係しています。まずはテストステロンの説明からしていきましょう。

 

テストステロンとは

テステストロンとは男性らしさを作るホルモンで、男性が女性に比べ筋肉質なのも、体毛が濃いのも、骨格が逞しいのもテストステロンのおかげです。その他性欲や精子の生産力にも関わってきます。さらには闘争本能をかきたてる効果もあり、ムキムキの格闘家などはテストステロンが非常に高いのです。

 

現代は社会の在り方が変わりましたが、もともと男性の役割は「狩りをする」「女性を孕ませる」ということですから、男性の仕事を全うするのにテストステロンは必須でした。

 

テストステロンの約95%は睾丸から分泌され、思春期から活発化します。思春期に陰毛が生えたり、陰茎が大きくなったり、声変わりをしたり、体毛が濃くなるのはテストステロンの作用によるものです。

 

ただ問題なのは20歳頃をピークに分泌量がだんだんと下がり、精力や筋力も落ち、もちろん精子の生産量も下がってしまいます。

 

テストステロンを運動で増やす

結論から言えば筋肉に負荷がかかる運動をするとテストステロンは増えます。

 

というのもテストステロンは筋肉を作るタンパク質合成の際に消費されますが、テストステロンの消費量が多くなるとその分分泌量も大きくなります。

 

冒頭にも書いた通り筋肉ムキムキの人は、トレーニングによって相当量のテストステロンを消費しているために分泌量も多く、ムキムキ=精力が強いという式はある程度成り立ちます。

おすすめの運動

つまり筋トレなどで筋肉を使う運動をすることでテストステロンの分泌量を増やすことができるのです。その際にはランニングなどの持久力を必要とするものより、バーベル上げのような瞬発力を必要とするトレーニングの方が効果的です。

 

もちろん自宅での筋トレでも十分ですが20回30回連続でできる負荷より、10回程度が限界となるような負荷が特に有効です。

 

腕立てが20回出来てしまうようなら、リュックに重りを入れて背負ってみましょう。スクワットが20回出来てしまうなら柱やテーブルにつかまって片足でやってみましょう。

 

また闘争心とテストステロンは密接にかかわっているため、相手と競い合うような試合形式のスポーツもおすすめです。

 

このように運動をするとテストステロンが増え、結果として精子の生産量も増え精力自体もアップさせることができます。

 

テストステロンのさらなる効果

さて精力にテストステロンが関わっており、運動によってテストステロンが増えることはわかりました。

 

ですがテストステロンは精力以外にも様々な効果があります。闘争という言葉が何度か出てきましたが、実は出世とテストステロンに相関関係があることがわかっています。

 

というのも一番になりたい。相手に勝ちたい。というモチベーションの源泉となるのがテストステロンだったりします。

 

例えば女性よりも男性のほうが勝敗にこだわりますよね?格闘技、スポーツ、ゲーム、ビジネスなどにおいて男性が勝利にこだわるのはこのテストステロンによるものなのです。

 

出世に話を戻すとテストステロン値が高い人ほど勝ちたいというモチベーションが沸きやすく、その結果として成功をおさめやすいということ。

 

逆にテストステロン値が下がると、モチベーションが下がりうつ傾向になるケースがあることもわかっています。

 

テストステロンが減る原因

精力、筋力、精神的な活力の源になる大切なテストステロンですが、減らさないように努力することも必要です。

 

加齢によるもの

まず基本的に避けて通れないのが年齢による低下。こればっかりは防ぎようがありませんが、運動を習慣づけることであらがうしかありません。

 

しっかりトレーニングして40代でも現役バリバリの身体やギラついたメンタルを持っている人はいますよね。

ストレス

継続的に強いストレスがかかるとテストステロンが減少してしまうことがわかっています。

 

ストレスは避けられればベストですが、それよりも溜め過ぎず解消することのほうが現実的です。

 

もちろん趣味に興じるのも大切ですが、運動は科学的にもストレスを和らげる効果があります。テストステロンにとっては運動は一石二鳥と言えますね。

継続的な疲労

基本的に休息時にテストステロンは分泌されるため、必ず休息をとることが重要になります。

 

寝不足などは大敵で、日中に消費したテストステロンを回復させないまま翌朝を迎えれば、テストステロンは減り続ける一方となってしまいます。

 

ちなみに運動でもフルマラソン等の後はテストステロンが著しく低下し、回復まで非常に長い時間を要することがわかっています。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ