テストステロンの働き

テストステロンは男性らしさを作り出す非常に重要なホルモンで、精力に密接に関わります。またそのほかにも体力面、精神面に関わり男性にとってなくてはならないホルモンです。

 

テストステロンは睾丸から分泌され、思春期から活発化します。思春期に陰毛が生えたり、陰茎が大きくなったり、声変わりをしたり、体毛が濃くなるのはテストステロンの作用によるものです。

 

また筋肉を再生されるためにも使われ、男性が女性よりも筋肉質なのはテストステロンの効果によるものです。他にも男性の方が攻撃的で孤独を好むのもテストステロンによるもので、狩猟本能の一種とも言われています。

 

過去イタリアでは思春期に声変わりを防ぐために去勢するカストラートと呼ばれる男性歌手が存在しました。カストラートはテストステロンをほとんど持たないため脂肪が気つきやすく、また男性ホルモンも女性ホルモンも持たないため精神的に不安定な面があったといいます。

 

精力面ではこの時期に初めての勃起や射精(精通)を体験しますが、これもテストステロンが作用して精子が作られたり性欲を覚え始めるためです。

 

テストステロンが多いほど性欲は増して精子の生産量はアップしますが、年齢とともに低下していきます。

テストステロンを増やす

テストステロンは精子の生産力など精力全般に影響を与える重要なホルモンですが、精力剤の他に運動でも増やすことができます

 

男性が女性に比べ筋肉質なのは筋肉を再生させる際にテストステロンを必要とするためで、テストステロンの消費量が多い人ほど分泌量も多くなります。

 

例えば筋肉ムキムキの人は精力も強そうなイメージがありますが、実際相当量のテストステロンを消費しているために分泌量も多く、ムキムキ=精力が強いという式はある程度成り立ちます。

 

つまり筋トレなどで筋肉を使う運動をすることでテストステロンの分泌量を増やすことができるのです。その際にはランニングなどの持久力を必要とするものより、バーベル上げのような瞬発力を必要とするトレーニングの方が効果的です。

 

またテストステロンは闘争本能をかきたてられた時にも分泌量が増えるので、相手と競い合うスポーツなども最適です。なのでムキムキの格闘家などはまさにテストステロンの塊とも言えますね。

 

運動は健康にもいいので、是非習慣に取り入れて精力アップと同時に体力アップも目指しましょう。

精子を増やすためには

精子を増やすには亜鉛が重要ですが、それだけでは実は効果が薄いのです。亜鉛と同時にアルギニンも摂取して、精液を増やすと射精量そのものが大幅に上昇します。

亜鉛とアルギニンには男性ホルモンのテストステロンを活性化させる効果もありますから、精力全般の向上も期待できます。ドクドクと射精が止まらない感覚を味わうこともできますし、すぐに2回戦目にチャレンジすることもできるようになります。

是非皆さんにも一度凄まじい射精の体験を味わっていただきたいと思います。

精子を増やせるサプリ